新年明けましておめでとうございます。
2017年がスタートいたしました。画像は今年の年賀状です。
今年は酉年ですね。一体酉年とはどのような意味があるのでしょうか?

酉年の本当の意味

まず今年は酉年。酉年でも今年は丁酉【ひのととり】です。酉は「果実が極限まで熟した状態」を指します。また、商売繁盛などの意味もあります。私は酉年について徹底的に調べ、今年のモチーフにフェニックスを起用しました。通常ならば鶏ですが、なぜフェニックスなのか?これも理由があるのです。

それぞれの意味

コンセプトは飛翔。
瀬戸大橋=私とあなた(受け手)の友好関係。橋と海面に反射する光で丁酉の【丁】を表現。フェニックスは【酉】なので、今年の干支である【丁酉】を表現。撮影場所も酉年の方角である西から橋の後ろに太陽が来るよう撮影。
初日の出=1月1日(今日)が日曜日(Sunday)だから。また、日曜日は【始まり】の意味があり、1月1日が一年の始まり=スタートと言う意味を併せ持つ。
太陽からのフェニックス=不死鳥。または火の鳥。死んでも蘇ることで永遠の時を生きる伝説の鳥。昨年まで一生懸命仕事・事業に力を注ぎ、2017年を更に大きく飛躍・商売繁盛して欲しいとの願いを表現するため、1月1日の今日、酉年になって最初の太陽から産まれてきた火の鳥(受け手)をイメージ。上空にある雲は羽ばたく上での様々な障害物。何度失敗しても蘇り、障害を乗り越えて大空を舞っていく(成功する)姿を表現。

これらの意味を年賀状に全て表現するため、今年はあえて紙での年賀状を誰にも出さずWeb上での公開に踏み切りました。

最後に

実は年賀状案は11月にだいたい決まっていたのですが、ふとこの年賀状案を12月中旬に思いつき、実行に移しました。天気予報も逐一チェックをし、無事に晴れて本当に良かったと思っています。

今年も宜しくお願い申し上げます。