こんにちは。中川です。
突然ですが、皆さまは「GAFAの脅威」という言葉を聞いたことはありますか?
これは、世界的に最も注目されている企業4社の頭文字をそれぞれとった表現です。

その4社はGoogle, Amazon, Facebook, Appleです。
これらの企業は時価総額が高いだけではありません。様々な業界に進出し始めています。
元々はIT企業であったこの4社。最近では自動車、金融、物流など、様々な事業に対しての展開を始めています。
それによって市場の期待値、時価総額は右肩上がりです。

そしてその勢いはどんどん加速し、世界規模で様々な業界を飲み込み始めています。
客観的に見ても、日本企業が束になってかかったところで勝てる見込みはありません。

 

2016年度のGAFAの年間売上と2017年8月時点での時価総額

Google社=売上:約900億ドル 時価総額:約6,550億ドル
Amazon社=売上:約1,360億ドル, 時価総額:約4,744億ドル
Facebook社=売上:約276億ドル, 時価総額:約4,926億ドル
Apple社=売上:約2,160億ドル, 時価総額:約8,080億ドル


彼らの本当の強みとは?
勢いのある4社ですが、他業種にも展開をする彼らの本当の強みは何でしょうか?
これまでの常識におけるビジネス資産とは人、物、金でした。
しかしこの4社が必ずしも他の企業と比べ、その3つの資産を多く持っていたわけではないのです。
特にAmazon、Facebook、GoogleはITが普及してからスタートした比較的新しい企業です。
初めから豊富な資産があったわけではないのです。

21世紀ビジネスに不可欠な三種の神器
では、この4社の共通点とは何でしょうか?
彼らは現代ビジネスにおける「三種の神器」を共通して持ち合わせているということす。
その3つのアイテムとは、
①ユーザー
②ユーザーデータ
③ユーザー体験 です。

まずはユーザー
これは4社ともしっかりと抑えています。
Googleは世界のインターネットユーザーの大部分。Amazonはオンラインで買い物をする世界のユーザー。
FacebookはInstagramを含め、膨大なSNSのユーザー。Appleは自社プロダクトを通じ、スマホとパソコンの利用者を獲得しています。

そしてユーザーデータ
21世紀における良い企業と素晴らしい企業を分けるのが、データの取得量と活用方法です。
この辺はセキュリティー云々で、日本企業が結構苦手としているところでもあります。
しかし、アメリカでは積極的にユーザーデータを取得し、ビジネスの改善や展開に活用するのが一般的です。
GAFAも検索、買い物、ソーシャル、プロダクト利用などにおける膨大なユーザーデータを日々取得し、他の事業への活用を進めているのです。

最後にユーザー体験
90年代後半からWebが急速に普及し、オンラインショッピングが定着し始めた頃には多くの通販サイトが存在していました。
その中でAmazonが勝ち残った理由。そこに彼らの優れたユーザー体験が存在します。
例えば一度支払い情報の登録をすることで、次回からワンクリックでチェックアウトができるのもその一つ。
Appleは最初からユーザー体験を最優先しており、GoogleやFacebookも優れた体験を提供するための研究、改善を日々行っています。

イノベーションを生み出し、企業価値を高めるのは「ユーザー中心的考え方」
この3つに共通するのは「ユーザー」が中心になっているということ。
技術やコンセプト、ビジネスモデルよりも、まずはユーザーのメリットを最優先に考えることで膨大な数のユーザーを獲得し、
そこから得られるデータを元にユーザー体験を改善しています。

最近多くのビジネスマンがユーザー体験(UX)デザインやサービスデザインなどのフィールドに注目を集めているのもこれが理由です。
人、物、金を駆使し、優れたものを作って売る。そんな時代は随分と昔に終わっています。