前回からの続きで、年賀状デザインの秘密について解説していきます。

キーワードを探る

まず始めに、今年は2018(平成30)年、戌年です。
[2018]と言うキーワードで1番簡単なものを思い浮かべてください。
色々ありますよね。あなたが思い浮かべる事は全て正解です。

ですが、1番簡単なものとして【数字】があります。
数字は世界共通の言語です。
なぜHPやSNS上で年賀状デザインを出しているか分かりますか?

では、2018と言う数字を1ケタずつ足して行くとどうなるでしょうか?
2+0+1+8=11と言う数字が浮かび上がります。

では[11]で思い浮かべるものとは何でしょうか?
素数、サッカーの人数、11月・・・これも色々あります。
11は数秘術で【マスターナンバー】と呼ばれています。
マスターナンバーとは二ケタのゾロ目、特に11と22はそう呼ばれています。
数字にはそれぞれエネルギーや意味がありますが、更に高いエネルギーを持つ数字です。

ちなみに11と言う数字の意味に[強さ]と言うものがあります。
11は個である1が向き合っている、つまり自分自身を見つめている状態です。
自分自身に向き合う作業は辛いことでもあるので、強さと関連付けられます。
この意味、覚えておいてください。

さて、11と言う数字が出てきました。
実はもう1つ年賀状には11と言う数字があります。
そう、1月1日です。
通常なら2018.1.1と表記するはずです。
ではなぜ2018 1 1と表記していたのでしょうか?
ミスではありません。ここに気づくことができるかどうかが
デザインの裏側(コンセプト・意味)を知るきっかけになるのです。

11と11。2ヶ所出てきましたね。(余談ですが、1ケタずつ英語で発音するとどうなるのでしょうか?)
その2つを足すと11+11=22です。これもマスターナンバーですね。
あなたは22と言う数字の意味を知っていますか?

22にはキーワードとして[宇宙と大地]と言うものがあります。
2桁以上の数字は、一の位が自分、それ以外の位が宇宙を表しています。
22の場合は、私たちの中にある2が宇宙に表現されている2と同調していると考えられます。
二元性を表す2が更に高次になった形で、地上と宇宙を結ぶ架け橋となっています。
さぁ、色々なキーワード(点)が出てきましたね。

点と点を繋ぐ

ではデザインの話に戻りましょう。
上記を踏まえた上で、最も年賀状に相応しいビジュアルは何なのか?
[この点と点を結ぶものは何なのか?]
答えは【夜空】です。
夜空には様々な星が光り輝き、それらが組み合わさって星座となります。

今年は戌年です。ではこの世で1番大きな犬は何でしょうか?
犬の星座ですよね。では犬の星座で形成されているものは何なのか?
それは冬の大三角です。(おおいぬ座、こいぬ座、オリオン座で形成)

さぁ、メインビジュアルが出現しました。
では何故このデザインにはその他の星が写って無いのか?
これにもきちんとした理由があります。

冬の大三角=三角形=3の意味として、全てが完成すると言う意味があります。
私(オリオン座)にはライバル(こいぬ座)と呼べる人物がいて、
雲の上のような存在の師匠(おおいぬ座)がいる。
”その3人で今の自分が形成されている”
それ以外はあなたにとって不要な存在と言えます。

2018年の干支は戊戌(つちのえいぬ)です。
進化のためには捨てる勇気が必要と言う意味があります。
ですが、あなたはまだ進化の途中です。

だからオリオン座を含むその他の星を全て消しているのです。
そしてあなたと言うオリオン座を光り輝かせ、次の世代へと継承する必要性があります。


伝えたい真のメッセージ

【あなたも何かを捨て、このおおいぬ座(シリウス)のように光り輝く存在になれ】
(シリウスはギリシャ語で「光り輝く者」)

これがこの年賀状で伝えたい真のメッセージです。
私はもう見つけている。目指すべき方向が、目標とする師匠がいる。
やるからには極める=頂点を目指す。
ではあなたはどうでしょうか?きちんと断捨離ができていますか?

このデザインは2018年、今しか表現出来ないデザインです。
今年は戌年。犬は聖書に【18】回出ています。今年は2018年ですよね?
聖書の文字はギリシャ語で書かれています。
先ほどもギリシャ語が出てきましたね?
極める=頂点=日本で1番高い場所はドコですか?
人間と犬は昔から相互扶助の関係です。つまり助け合っているのです。
コミュニケーションの大切さが分かりますよね?
星座も、星1つなければ意味がないですよね?


そうです。2018と言うキーワードからこのデザインは生まれ、
裏では全て繋がっているのです。全てに意味があるのです。
前回の投稿時間、今回の投稿時間、これも意味があると思いませんか?

 

この年賀状が世界中の人の目に触れ、あなたが成長するきっかけの架け橋になれば幸いです。